メールを打つ時のビジネスマナーは?

MENU

メールを打つ時のビジネスマナーは?

仕事でもプライベートでも、インターネットを使用してメールの送受信を行うことは当たり前となりました。
普段何気なく使用しているメールですが、ビジネスで使用する場合はマナーを守る必要があります。

 

今回はメール作成時のビジネスマナーについて、いくつかご紹介していくことにしましょう。

 

件名は明確・簡潔に!

1つ目は、件名を明確に記載するということです。
どのような件でメールを送信しているのか、
簡潔に記載した方が受け取った相手も理解しやすくなります。

 

稀に件名を記載しない人がいますが、迷惑メールと判断される可能性があるため必ず記載するようにしましょう。

 

宛名は必ず

2つ目は、本文を書き出す際は相手の名前を先に記載するということです。
ビジネスで使用するメールは、相手の名前を記載せずに
「お世話になっております」というような文言から書き始めてしまうことがあります。

 

しかし一番最初に相手の社名や部署、肩書きや氏名を記載してから本文を書き始めることがマナーです。
書き方としては、一行目に社名、2行目に所属部署を記載し、3行目に肩書きと氏名を記載します。
何度もやり取りを繰り返すのであれば、社名と氏名のみの記載でも問題ありません。

 

署名も入れよう

3つ目は、最後に署名を入れるということです。
すでに社内でフォーマットが用意されていることもありますが、
社名、住所、電話番号、FAX番号、会社のHPのURLなどを記載します。

 

使用しているメーラーによって違いますが、
署名の設定が出来るようになっていることがほとんどですので、
設定を済ませておくようにしたいものです。

 

 

今回ご紹介したメールのビジネスマナーは、ほんの一部分のみとなります。
初めて仕事でメールを利用する場合は、分からないことばかりですので
メール1通送るだけでも大変時間がかかることがあるものです。

 

最近はビジネス用のメール文章がテンプレート化されていますので、いくつか参考にしてみても良いでしょう。
また頻繁に利用する文言に関しては、メーラーに事前登録しておくことをおすすめします。